映画「タイタニック」を見ての感想。男とか女とか。

  • 2017.01.07 Saturday
  • 11:08

昨日は、早めに仕事を片付けて、家でビデオを見ました。22時〜。


VHSのタイタニック!見よう、見ようと思っていて、ずっと見られなかったもの。

 

買ってから数年押入れに眠っていました。

当時、すっかり話題についていけず、超乗り遅れていた私。

 

で、見終わってなんかすっきりしないんだな〜。

よくよく考えると私はローズが嫌いです。

 

せっかくボートに乗れたのに戻ってきて、

(ジャックと一緒に居たかったのは分かるけど)

もしローズが先に逃げていたら、

ジャックは自分で生き残れただろうにな〜と思いました。

 

戻ってきたんだったら、なんで最後に

自分ひとりだけ板の上に乗って助かるんだ!!!

 

交替でジャックと板に乗れよ〜〜!と私は思いました。

 

そこまでの極限だったから、

思いつかなかったといえばそれまでだけど、

何のためにボートに乗らずに

ジャックの元に戻ったのよと言いたくなりました。

 

男だから、女だからとかは、

生きるのに関係ないのに!という気持ちが強いのかな〜、私は。

 

なるほど・・・、大元はそこか。。。

そういうことを考えるにはいい映画だったかも。

 

先日のシータヒーリングで、

「当たり前の質問をします、それでリングの開きを見ます」と言われたんだけど、そのとき

 

「あなたは女です」

「あなたは男です」

 

という質問で、私ははっきりとした反応が出なかったことも、こういう男とか女とかの問題があるのかも。

 

ちなみに、「生き方」の問題であって、私の性別は女なのは100%間違いなしですよ。

何だか、沈没するときの人々の叫びとか
救助に来たときにすでに浮いていた多数の死体とか・・・
そんなものが頭から離れず、見終わってからお酒を4時近くまで飲んでしまいました。
私が期待する感動の愛の映画とはちょっと違っていました。
お正月はもっと気持ちが楽になる映画を見たかったです。
これはこれで価値を認めますけど、私の好みではない映画でした。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM